園の紹介

沿革

昭和29年2月
準学校法人永原学園設立認可(私立学校法第64条第4項の法人、
所轄庁 佐賀県知事)(注)準学校法人:私立学校法施行規則第6条第1項第6号
昭和33年4月
佐賀保育専門学校開設
昭和38年1月
学校法人永原学園認可(私立学校法第3条の学校法人、所轄庁 文部大臣)
昭和38年4月
佐賀短期大学開設
昭和40年4月
佐賀短期大学 保育科設置(入学定員100名)
保母養成施設として厚生大臣指定
昭和42年4月
佐賀短期大学附属三光幼稚園開園(園児収容定員 100名)
理事長永原マツヨ初代園長に就任
園地5,056㎡ 園舎1,061.91㎡
保育育室4,遊戯室,視聴覚室,給食室,調理室,図書室,職員室,教材室等
昭和43年4月
園児収容定員の増 100名 → 130名
昭和44年4月
園児収容定員の増 130名 → 180名
昭和45年4月
園児収容定員の増 180名 → 300名
給食室 240㎡を増築
昭和47年12月
園地拡張のため 763㎡の敷地買収
昭和48年4月
園児収容定員の増 300名 → 400名
昭和49年2月
園舎2教室 163㎡を増築
昭和51年11月
創立十周年記念行事
昭和52年4月
園舎2教室 123㎡を増築
昭和52年9月
職員研修室 41㎡を増築
昭和55年4月
園児収容定員の増 400名 → 480名
園舎2階建て(視聴覚室および1教室)134㎡を増築
昭和55年9月
事務室2階建て56㎡を増築
昭和56年4月
給食室29㎡を増築
昭和59年1月
理事長福元文香2代目園長に就任
昭和62年10月
創立20周年記念行事
平成8年10月
永原学園創立50周年記念行事及び三光幼稚園30周年記念行事
平成13年12月
園舎新築 1,777.25㎡
平成14年2月
園舎取り壊し 1,767.78㎡
平成14年3月
園舎増築・改修工事 休憩所・物置38.77㎡ 既存分4.76㎡を増築
(車庫・飼育小屋・倉庫)
平成14年4月
園児収容定員の減員 480名 → 400名
平成14年4月
園舎改築落成式
平成14年10月
皇太子殿下同妃両殿下の御視察
平成16年11月
九州音楽教育研究佐賀大会幼稚園部会研究発表
平成18年10月
創立40周年行事
平成19年4月
三光保育園開設に伴い、幼・保連携型認定こども園に認定
平成19年10月
第46回全日特別支援教育研究大会佐賀大会早期教育部会発表
平成20年4月
学校法人永原学園第3代目理事長に福元裕二が就任
平成21年4月
三光保育園第2代目園長に福元芳子就任
平成21年4月
西九州大学に子ども学部子ども学科新設
平成21年4月
西九州大学附属三光幼稚園に園名変更
平成22年4月
第3代目園長に松尾正幸就任
平成25年4月
第4代目園長に前村晃就任
平成26年3月
老朽園舎棟改築(取壊し139.23㎡、新築635.72㎡)
平成27年4月
幼保連携型認定こども園を辞退。幼稚園型と保育所型として再スタート。
平成27年4月
三光幼稚園に併設保育機能施設として三光ナースリー(2歳児のみ)を設置

保育内容

基本的生活習慣を身につけすこやかな育ちを目指して

保育理念
永原学園の教育理念「あすなろう」に基づき、子ども一人ひとりの個性と人権を大切にし、保護者や地域社会と力を合わせ、子どもたちがともに生活することの喜びをわかち合い、健全な心身の発達ができるように、子どもの育成に努力する。
保育方針
心身ともに健康で個性の伸び伸びした、友達同士仲良く助け合う心の優しい子どもに育てる。
保育目標
十分に養護の行き届いた環境のもとに
 ・人に対する信頼感、感謝や思いやりなどを知る。
 ・よい生活習慣や態度を身につける。
 ・いろいろな経験を通して心豊かにする。
給食
自園で手作りされた愛情のこもった料理をみんなでおいしくいただきます。おやつも四季折々に、いろいろな手作りのものがでてきます。食品アレルギーを持ったお子さんには除去食と代替食で個別に対応しています。
合同活動・モンテッソーリ教育
4歳児と5歳児は幼稚園児と一緒に教育を受けています。幼稚園児が降園する時、保育園に戻ります。2~3歳児においては、三光幼稚園児と一緒に活動する時間を計画的につくっています。
モンテッソーリ教育とは?
イタリアの医師、マリア・モンテッソーリによって創設された教育方法。
成長に見合った環境づくりを心がけ、いろいろな教具を使うことにより、物の本質を体で会得していきます。
交流保育
高齢者や地域のいろいろな人達とのふれあいを通して、子どもたちに思いやりや慈しみの心を育みます。
保育料について
保育園入園児の兄または姉が同時に幼稚園(認定こども園も含む)に入園している場合は、幼稚園に入園している兄または姉を第1子として、保育園入園児は第2子「保育料半額」、第3子以降「保育料無料」となっています。

園内施設

お城を思わせるような三角屋根の園舎
広々とした運動場、プール、たくさんの遊具、みどりの木々がいっぱいです。
保育室4室、乳幼児、ほふく室、調理室(調乳設備)2室、医務室、ナースステーション、地域子育てセンター、事務室。子どもたちの安全を守るため、テレビカメラで監視・録画しています。
完全冷暖房完備。
広い玄関と、やさしい日差しがたくさん入る室内
玄関
子どもたちを温かく迎えてくれます。
保育室【ちゅうりっぷ】
ちゅうりっぷ

ちゅうりっぷ2
0歳児のお部屋です。木のぬくもりを感じるベッドで眠ります。
床暖房を採用し、冬でものびのびとはいはいや歩く練習ができます。
保育室【すみれ】
すみれ
1歳児のお部屋です。広いテラスに出て遊ぶことができます。
床暖房を採用し、冬でも体を十分に動かし遊ぶことができます。
保育室【もみじ】
もみじ
2歳児のお部屋です。お部屋を出ると、すぐ遊べる砂場があります。
保育室【たんぽぽ】
たんぽぽ
3歳児のお部屋です。イスや机は、佐賀の材木で作られた特注品です。
運動場で遊んでいる幼稚園の子どもたちがたくさん声をかけに来てくれます。
保育室【たけ】【きく】
たけ、きく

たけ、きく2
4・5歳児のお部屋です。7:30~8:30・17:30~18:30は、0~5歳児の子どもたちが縦割りで一緒に過ごします。お兄さん、お姉さんが一緒に遊んでくれたり、お世話をしてくれたり、楽しい時間です。
一時保育室【あやめ】
あやめ
0~3歳児の子どもたちが縦割りで過ごしています。新しいお友達がたくさん増えるので、にぎやかです。
沐浴室
沐浴室
排泄の処理や夏場は沐浴をして、0歳児の子どもたちが心地よく過ごせるようにしています。
ナースステーション
ナースステーション
常勤の保健師が、子どもたちの健康と安全に目を配り、万全の体制を整えています。
図書コーナー「あすなろ」
図書コーナー
1000冊以上の絵本を準備しています。絵本が大好きな子どもたちに、毎日読み聞かせをしています。
永原学園地域子育て支援センター(愛称 ぽぽら)
ぽぽら
西九州大学の各学部をはじめとする永原学園のネットワークを活かした子育て支援のための施設です。0歳児~就学前の親子を対象とした仲間作り、親子のふれ合いの場、また、情報交換の場として楽しい時間を過ごして頂いています。